Webビジネス入門

売れる記事とは?

商品やサービスの販売を行う上で、新規顧客の確保はとても大切です。 言うまでもありませんね。 新規のお客様なくして、商売繁盛はありえないからです。


では、どのようにしてお客様を増やしていけばよいのでしょう?


いくら商品やサービスの質が高くても、それを文章で伝えなければ、お客様はその良さを理解してくれません。 そうですね、お客様を増やしていくためには、お客様の心を掴むための売れる文章を書く必要があるのです。


それでは、売れる文章とはどんな文章でしょうか?


実は、売れる文章は必ずこういう文章だ。 ということはありません。 売る人や、売るもの、あるいは買う人によって異なるのです。 ひとつ興味深いお話しをしましょう。 例えば、インターネットで何かを売る場合、


 (1) 情報商材をアフィリエイトする場合
 (2) 化粧品や食料品などを物販する場合


この両者では、売れる文章の書き方が全く異なります。 どのように異なるのか?


情報商材をアフィリエイトする場合は、「買って欲しい!」という感情を文章に表すと、買ってもらえなくなると言われています。 これは、商品の中身が分からないことから、あまり薦められると、どうしても疑いの気持ちを持ってしまうためです。


一方、物販の場合はどうでしょう。 その逆と言われています。 販売者の「これは、ぜひ買って欲しい商品です!」という強い意気込みは、お客様にとってプラスに働きます。 淡々と商品を紹介されるよりも、熱い情熱のこもった商品の方が、お客様の購買意欲を掻き立てるのです。


このように、売る物のタイプによって、売れる文章の書き方は全く異なってきます。 面白いですね。
文章の使い分けが巧みにできるようになると、売り上げもますます加速していくでしょう。

posted by Webビジネス at 00:20 | 【6.稼ぐ文章の書き方】

セールスポイントの書き方

ネットビジネスをしていく上で、ポジティブな考え方はとても重要です。


ある営業マンの話をします。 人材派遣会社で登録社員を企業へ紹介
する営業マンです。 営業マンは、次のような一見出来の悪そうな登録社員を、
企業へ売り込まなければならない場合があります。


【登録社員:山田太郎 (仮称) 君】
山田君は作業が遅く、複数の仕事を並行処理するのが苦手で、
すぐ人に頼ります。 また、複雑な作業も大の苦手です。


と、なんとも大変な社員です。 しかし、山田君を売り込むために
彼の良い部分を見つけ出さねばなりません。 そこで営業マンは
マイナスと思える特性から長所を見出し、ポジティブに表現します。
例えば、


  作業が遅い   ⇒  じっぐり取り組んでいる
  並行処理が苦手 ⇒  一つのことを真剣にこなせる
  人に頼る    ⇒  コミュニケーション能力がある
  複雑な作業が苦手 ⇒ 単調な作業が得意


こうして営業マンは、山田君をこう紹介します。


山田君は、物事に対してじっくりと取り組むことができるため、
作業に時間がかかってしまうこともありますが、一つのことを真剣に行い、
手抜きはしません。 また、すぐに人に相談するコミュニケーション能力と
強調性を持っております。 人がいやがる単調な作業もまじめにこなします。


実は、マイナスな性質と思われることでも、見方を変えれば
プラスに捉えられます。 ウリを見つけ、強みとしてアピールする。
弱点を長所として捉え、自信を持って表現する。


これは、ネットビジネスで商品やサービスを提供する時も同じです。
そんな知恵をつけておくと、それは大きな武器となるでしょう。



posted by Webビジネス at 15:04 | 【6.稼ぐ文章の書き方】

Webビジネス入門

稼げる文章を書くコツ

ランキング

インターネットで稼ぐ文章を書くには、どんなことに気をつければよいのでしょうか。実は、インターネットで商売をしている人で、文章が苦手だという人は結構多いそうです。 今回は、稼ぐ文章を書くためのポイントについてお話します。


売れる文章にするための、最も基本的な要素は、 「書き出し」 と 「構成」 です。 書き出しとは、つまり文章の最初の部分です。 この印象で後の文章の受け取り方が大きく変わってきますので、この部分は非常に大切です。


書き出しには 「関心を引く」 事項を記述し、その先を読みたい!と思ってもらえるように書くことを意識します。 ポイントは以下の3つです。


 (1) 「商品の一番の特徴」を最初に書いてしまう
 (2) 遠慮せずに、インパクトのある表現を入れる
 (3) そしてシンプルに書く


力を入れるあまり、書き出しが長くなると逆効果ですので要注意。 あまり長いと飽きられてしまいますので簡潔にまとめることが重要です。 このようなことを考えて、書き出しの記事でお客様の意識をこちらに向けます。


次に、 「構成」 です。 構成とは、ここでは文章の流れ (ストーリー) をいいます。 例えば、
これは〇〇〇です。 → なぜ〇〇〇なのか。 → だから〇〇〇です。


といった具合に、お客様の心理をイメージしてストーリーを組み立てていきます。 構成を組み立てるポイントは、一番大事な部分を書き出しに持っていって、その後に続く文章で、それを補うようにストーリー立てていくことです。


書き出しと構成を決めたら、あとは一気に書き上げてください。 書きながら細かいことを気にする必要はありません。 先に進めなくなります。 書き終わった後で、不自然な部分を修正したり、冗長な部分を消していきます。 ここでのポイントは、割愛できる部分はできるだけ割愛し、少しでも文章を短くすることです。 


こうして、シンプルでインパクトのある 「稼げる文章」 の骨格が完成です。 そんなに難しいことではありませんので、楽しみながら練習してみてください。 ブログで通常の記事を書くときも、こんなことを意識して書いてみるのも良いかもしれませんね。

posted by Webビジネス at 01:09 | 【6.稼ぐ文章の書き方】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。