Webビジネス入門

キャッチコピー。やっぱり大切です

キャッチコピー。 これはネットで稼ぐために特に重要な要素です。 ビジネス目的のブログやホームページで、まず記事を読んでもらうために最初にすることは、興味を惹くキャッチコピーを見せることです。


ではキャッチコピーにはどようなものがあるのでしょうか。


 1. 目玉商品をアピールするための宣伝文句
 2. いくつかの商品を種類別に分けた宣伝文句
 3. 客層別に向けた宣伝文句


この中で、最も効果が高いのは、3の客層別広告と言われています。 一見、1の目玉商品広告が効果的のように感じられます。 それは正しいのですが、反面、このタイプの広告は、自己満足的になる傾向があります。 つまり、売りたい商品のイメージや想いが強すぎて、一方的な表現になってしまうのです。


これは、特定のお客様には受けがいいのですが、多くのお客様は興味を示さなくなります。 これを防ぐためには、3の客層別を意識した広告を作ることです。 最初に客層をイメージし、次にそのお客様にあった商品を徹底的にアピールする、という手順を踏むことで、自己満足的な表現を抑止できます。 それによって、お客様に商品の良さがより伝わりやすくなります。


それから、言い回しのちょっとした違いも、売り上げに大きく影響します。 例えば、


    「この商品すごいです!」

     という広告よりも、

    「お待たせしました。やっと入荷できました!」

     この方が、商品のすごさが伝わります。


これは某サイトで、同じ商品を販売していて、売り上げを20倍アップさせたキャッチコピーだそうです。


posted by Webビジネス at 10:54 | 【3.Webビジネス入門】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。