Webビジネス入門

意外と優位な、ブログの表示位置

アクセス解析をしていて、面白いことに気がつきました。


当サイトは、 人気blogランキング にエントリーしているのですが、この人気blogランキングでは、カテゴリー毎に人気のあるブログが、1位、2位、3位と順番に並んでいます。 例えば、1ページ目には1位〜50位、2ページ目には51位〜100位のブログが表示されています。


Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンの結果表示と同じように、人気blogランキングでも上位に表示された方がより多くのアクセスを見込めます。


しかし、必ずしも、単純に高順位のブログのアクセス数が多いとは限りません。 1位〜5位までは別としても、それ以降の順位では、順番とアクセス数が比例しないのです。 というのも、私のブログの場合ですが、ランキングで7位〜9位に位置していた時よりも、なぜか10位にいた時の方が、アクセス数が多かったのです。


理由は容易に推測できました。 10位のポジションは、テーブルの最後尾に位置しているからです。 つまり、7位〜9位よりも、10位の位置の方が逆に目に付きやすいのです。 ( アパートやマンションの部屋に例えると、いわゆる角部屋ですね。 )


長期間、統計を取って検証した分けではありませんので、もしかしたら、たまたまかもしれません。 でも、理屈から考えても10位あるいは11位が優位な位置であることは間違いないですよね。


リアルの世界でも、看板の立て位置は、直線道路よりもカーブに差し掛かるポイントがベストだと言います。 ちょうど変化のある位置ですね。 意外とこのポジション、ねらい目かもしれません。

posted by Webビジネス at 22:33 | 【4.Web技術の基礎】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。